ユメミノ音泉村 リリース作品    

http://onsenmura.net/

 
TOPページに戻ります   ユメミノ音泉村のリリース作品   ユメミノ音泉村メディア情報 社会貢献活動 ユメミノ音泉村リンク集 ユメミノ音泉村へのご連絡はコチラ


なつし聡
ダウンロード販売のみ
発売日:2018/11/14

<収録曲>

1.さよならジャングルジム

2.ラジオ・キス
3.10年目の夜に



なつし聡オフィシャルWEB

<作品紹介>
子どもの頃は誰でも100%の可能性を持っている。「パイロットになりたい」「宇宙飛行士になりたい」「歌手になりたい」と言うと大人たちは「お前ならできるよ。可能性は無限大なんだから」と言う。しかし、中学生になっても同じことを言っていると今度は「いいか。よく考えろよ。お前の成績は何だ。もう少し現実を見なさい」という反応に変わる。高校生になっても同じことを言っていると「お前は馬鹿か!」ということになる。これに関しては、家族や親せきだけでなく、同年代の友人も同じだ。学生時代、私の夢を真剣に受け止めて、「お前ならできるよ」「応援している」と言ってくれたのは数人だけだった。トホホ。

今でも覚えている中学3年のときの進路相談。担任の数学の教師に「将来、何になりたいんだ?」と訊かれ、私は「クラシックギターのギタリストになりたい」と答えた。すると教師は「それは無理!」と即座に断言した。いやいや、ちょっと待てよ、あんたは俺がギターを持っていることも知らなかっただろ? 俺の演奏も聴いたことがないし、作曲も出来るって知らなかっただろ? 大人の反応ってこんなにくだらないのかと、心底呆れたものだ。

子どもの頃は誰でも100%の可能性を持っているのに、社会の型にはめられ、成長するにしたがって可能性は小さくなってくる。100%あったはずの可能性が70%〜45%〜20%と減っていき、やがて良識ある青年として実現可能な目標を探す。これが世の中では常識とされていることなんだけど、考えてみればおかしな話だ。経験も積んで、時には苦い想いもし。成長するにしたがって、可能性は増えていかなくてはいけないはずなのに。

『さよならジャングルジム』はそれほど若くない男女のラブソングでもありますが、「そんなの無理」という価値観と闘っている人への応援メッセージでもあります。


  



なつし聡
AMD-15001
発売日:2015/1/14

<収録曲>

1.紙ヒコーキ
2.引き潮
3.プリズム
4.愛しのNO.1
5.迷路
6.止まない雨
7.冷たい月の下で
8.You Belong To Me
9.君に贈る物語
10ワンダフル・ナイト
11.祝福の朝(reprise)

印はYouTubeに動画があります。
<作品紹介> 前作『キャッチボール〜ソングブック・オブ・マイ・ライフ』に続き、なつし聡が独自の世界観を綴ったアルバム。あんじに提供した「愛しのNO.1」や高橋真梨子に提供した「ワンダフルナイト・シネマ」のセルフカバーを含む全11曲。


  

第5回CDショップ大賞 関東ブロック賞受賞作品
なつし聡
DQC-850 2000円(税込)
発売日:2012/2/22

 

<収録曲>

 1. Black Coffee
 2. キャッチボール
 3. オレンジの雨
 4. Don't Give Up
 5. Sayonara Jungle Gym
   (English version)
 6. 頑張らない
 7. 日本語消滅
 8. 悲しみをぶっ飛ばせ
 9. Jack & Betty(1996)
10. 遊びをせんとや生まれけむ
11. そんな風になりたい
12. Thanks To Mother Nature

印はYouTubeに動画があります。

<作品紹介> 父から子へ、大人から若者へ伝えなくてはいけないことがある。一番大切なのは愛だ。極上の泣ける歌が詰まったフルアルバム完成!優しさ満載、まさに手作り。人生を詰め込んだ究極のソングブック!これを聴くと心が強くなります。

<なつし聡>ユメミノ音泉村の村長。1985年CBS/SONYより木村聡の名でシンガーソングライターとしてメジャーデビューするも鳴かず飛ばず。その後作詞作曲・プロデュースを生業とするかたわら、現在は自主レーベル「ユメミノ音泉村」の村おこしに奔走中。また、作家として高橋真梨子、あんじ、サミー・チェン(香港)などへ楽曲提供。はやぶさジョーンズ、saori、irohaなどの作品プロデュースに携わる。


 
   

 

はやぶさジョーンズ
DQC-175
¥2,500(税込)
<収録曲>

 1. 青空
 2. 歯痒痛い
 3. Sha La La
 4. 赤と黒
 5. キスマイガール
 6. 別にいいよ∗
 7. Dulcimer Pie∗
 8. HOME∗
 9. 悲しくてしょうがない∗
10. ねっとり∗
11. 朝を見たかい?∗
(全11曲入)

印はYouTubeに動画があります。

<作品紹介> 蒼い空の下に見つけた幻・・・気だるい風に吹かれながら、はやぶさジョーンズの歌う曲の物語は、ボクらがあの日どこかで観た懐かしい風景と陽炎のような夢を蘇らせてくれる。このサイケな庭園にはビートルズやはっぴいえんどやシド・バレットやドノバンやロビン・ヒッチコック等、素晴らしい音楽家たちの蒔いた種が見事に花開いている。by鳥井賀句(音楽評論家/「青い部屋」プロデューサー)

<はやぶさジョーンズ> はやぶさジョーンズ(またの名をサノヒロアキ) 甲斐の国生まれ、甲斐の国育ちの甲斐性無し。音楽だけが生き甲斐のナイスガイ。虹色遊園地などいくつかのバンドを経て、2000年4月よりはやぶさジョーンズを始動。インディーズレーベルよりサイケなミニアルバム『黄色い夢』『杉の木のりんご』の2枚をリリース。2003年、メジャーデビュー。2006年、はやぶさジョーンズ=サノヒロアキとなり、再びサイケデリックな音作りを開始。2009年に発売したアルバム『赤と黒』はサイケロックの最高峰との呼び声も高いシュールな作品で、近年、カルト的評価が高まりつつある。


Marija
MCD-216579
\1,500(税込)
<収録曲>

 1. The Calling
 2. King Of Hearts
 3. Can You Handle This
 4. On The Inside
 5. All This For Me
 6. Won't You Stay
 7. Don't Watch Me Like That
 8. Carry On
 9. 0Candles
10. Human Again

印はYouTubeに動画があります。

<作品紹介> カルガリーを拠点に活動するロック・ヴォーカリス、Marijaの1stフルアルバム。メタリカ、スキッドロウなどを手がけてきたマイケル・ワグナーがプロデュースを担当。グラミー級の素晴らしいロックアルバムに仕上がっている。2009年10月発売。

<Marija(マリージャ)>カナダのカルガリー在住。95年にバンクーヴァーでのショーで左耳の聴力を完全に失うものの、不屈の精神でリカバリー。再び歌えるようになるまでに8年の歳月をかけた炎のロック・ヴォーカリスト。歌に賭ける情熱とライブでのパフォーマンスは常に高い評価を受けている。本国カナダで精力的にライブ活動をこなすかたわら、ひょんなことからユメミノ音泉村の女将に就任。ユーモアのセンスも折り紙つき。レーベル初の女性アーティストとしてユメミノ音泉村から日本盤リリースに向けて準備中。


 


Marija
MCD-216579
\750(税込) ダウンロード販売のみ
発売日:2011

<収録曲>

1. Alive And Wired
2. What I Need
3. Think
4. Sickest Thing
5. Laney
<作品紹介> 2009年10月にリリースした『On The Inside』に次ぐ2nd EP。前作同様、マイケル・ワグナーがプロデューサーを担当。エッジの効いたサウンドにPOPなメロディーが並んだ、Marijaの世界が堪能できる。ずば抜けた歌唱力は本国でも高い評価を得ている。